FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で書けますか?単語(テーマ;東大、勉強法、コツ)

(多民族が)「互いに影響を与えずに」存在している。
「英語で書くと?」「これ、書けますか?」
頭文字は「p」です。「この単語」は、実際に、東大の入試の英語で出たものです。(答えはコメント欄に。)東大、京大、一橋大学などでは、英作文などで、「このような英単語を書ける」、「和訳問題で正確に訳せる」、そうなっている必要もあります。ですから、このような大学受験用の問題集では「強調されてない」、「載っていない」ことも頭に入るような勉強法で勉強するのも、東大、京大、一橋大学の入試の英語で高得点するのには必要な勉強のコツです。
東大、京大、一橋大学では、「入試の英語の典型」「ではないもの」も入試で出ることがあり、そのようなものも目にできるような勉強法にのっとってすすめるのが英語でリードするコツです。
東大、京大、一橋大学の入試の英語では「普通の高校生」が「受験のためにやる英語」だけでは目にすることのない、それを超えた、「内容、表現(≒単語力)のレベルの高いもの」も出ることがあります。
そのような内容にもふれるような勉強法にしたがって勉強するのが、東大、京大、一橋大学の入試の英語で点を伸ばすコツ、また他科目で少し失敗しても、「不合格確定」「にはならずにすむ」ような勉強法となってきます。
レベル高めの大学受験の英語の勉強では、大学受験用の標準的、またはハイレベルの英語の問題に取り組むのが基本ですが、東大、京大、一橋大学を受験する場合、英語で、「いわゆる大学受験の英語」レベルよりも「知的レベルとして高い」内容が出ることがあり、そういう内容も目にする機会があるのような勉強法で勉強するのが英語で点を稼ぐコツにもなってきます。
(多民族が)「互いに影響を与えずに」存在している。(これは、実際に、東大の入試の英語で出たものです。)
「これ、英語で、書けますか?」、頭文字は「p」です。(答えは、コメント欄に)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。