FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大の入試での、英語の重要性。(コツ、勉強法)

東大が、「急に」後期日程入試を廃止し、推薦入試枠を作りました。では、東大の推薦入試とはどういうものか、どういう人が合格になっているのかというと、英語が強いまたは数学オリンピックなどで結果を出している人、です。英語の検定試験のスコアなどの重要度がけっこう高くなっています。やはり東大の場合、普通の前期日程、入試でも「推薦」でも、合格は英語が握っている、という部分が強いわけですね。東大の前期日程の英語で点数を取れるようになる、または英語の検定試験で高いスコアを取る、これが東大に合格するコツ、というわけですね。勉強法としても、まず英語を先にやる、これが東大を目指すときにはかなり重要になってきます。
古文が明らかに弱い人などは、古文をやるという勉強法もいちおうはありえますが、東大への合格を目指す場合、やはり英語を先に完成させるのが、受かるコツといえます。
なお個人的には、東大の英語の出題形式は、早い段階ではそれほど勉強法として意識する必要はないように思っています。(※要約問題を除く。)状況の説明、または自分の考えをそれほど難しくはない文で、英語で、ミスなく書けるようになる、これは東大で点を取れるようになるためのコツの1つになってくるとは思います。
東大、京大、一橋などの最上位国立大学への合格を目指す場合、勉強法として、英語、数学をまず第一にというのがコツといえます。文系志望の場合でもそうです。数学がその受験層としては弱いままだと苦戦します。例えば、どうしても東大の文1と思っていても数学がいまいちなままだと多浪してもまったく受からないということが大いにありえます。また、英語が東大にしてはかなりやさしかったのに、点数が伸び悩み、受験して帰ってきた時点で「ああだめだな」ということも大いにありえます。
ざっくり言うと、東大の文1を熱望で多浪し、でも合格できなかった、というケースは数学が弱いか、英語がいまいちか、だいたいこれです。裏返せば、数学、英語が強くなるような勉強法にのっとって勉強していれば、十分、合格の可能性が出てくる、これが受かるコツということですね。
※ただ、東大に受かってからの問題もあります。文系の場合、進振りで、希望の学科にいけず、そのあとちょっとまずいことになる(学校に行かなくなる、希望とかなりちがうので勉強しなくなり、何回も留年する)、または最高峰ということ(だけで)理3→医学部のルートに乗ったが、「医者になる意志」が弱く、場合によっては医師国家試験を受けてもいない、というケースもあります。これは東大新聞に、そういう話が何年も前から載っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。