FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語、入る語、分かります?(東大などで出たもの、点をとるコツ、勉強法)

He 〔a   〕s the dangers of smoking.「彼は喫煙の危険性をよく分かっている」。これは、東大の入試の英語で出題された用法です。「これ」に「適した単語」はなんでしょう?これは、東大で出された「用法」です。したがって、分からないと、東大の英語のコツに関して、また勉強法に疑問符がつきます。
他の用法で見たことはある単語です。しかし東大では、こちらの意味で、英語で出題されました。He 〔a   〕s the dangers of smoking.「彼は喫煙の危険性をよく分かっている」。和訳問題の場合、不明確だと「訳語が不適切だ」として減点されます〔東大、京大、一橋大学は、そういう基準で採点しています〕、東大の英語の総合問題で出題された場合、はっきり分かっていないと不正解、×になります。
このように、東大の英語では、すごく難しいわけではないが、一番有名ではない意味も明確に分かっている必要があり、それも身につくような勉強法で学ぶのが、東大の英語でよい点数をとるコツにもなってきます。
He 〔a    〕s the dangers of smoking.「彼は喫煙の危険性をよく分かっている」。「答え」は、何でしょう?〔東大の英語で出された用法。〕*解答は、コメント欄にあります。
東大では、こういうものが正確に分かっているかどうか、も英語で聞かれます。正解できるようになっていることが、東大への合格のコツ、勉強法との関連で必要、となってきます。
東大の場合、英語の要約問題、和訳問題、総合問題にこのようなものが入っていることがあり、それが正確に分かるかどうかで点数が違ってきます。
単語と訳の組み合わせを正確に知っていることが東大の英語で点を取るコツ、そうなるような勉強法が、合格するには必要です。
He 〔a    〕s the dangers of smoking.(「彼は喫煙の危険性をよく分かっている」。)←「入る単語」は「何でしょう?」(東大の英語で出題された「用法」)*解答は、コメント欄にあります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。