英語、入試問題クイズ(東大、コツ、勉強法)

「お世辞(おせじ)」英語でなんというでしょう?「これ」「英語で書けますか」?〔答えはコメント欄に〕
これは東大の入試の英語で出た単語です。選択肢の中にあったのですが、「はっきり意味を分かっていないと」、「これは違うと消去法はできない」ですよね。(*英語でも、確実に消去法ができないと、正解は得られませんよね。)
東大、京大、一橋大学では、受験勉強で出てくる英語とは質、方向性がちがうものも入試で出ることがあり、そのような単語などにも触れるような勉強法にのっとってすすめるのが東大、京大、一橋大学の入試において、英語で合格点を取れるようになるコツです。
東大、京大、一橋大学の入試の英語では、日本の高校生用とは質が違うもの、もっとレベルの高い単語・文章が出ることがあります。
そういうものも経験できるような勉強法にしたがって勉強するのが、東大、京大、一橋大学の入試の英語で点を伸ばすコツ、また東大、京大、一橋大学の入試で他科目が気がかりな点数になっても英語の点数で合格できる、そうなるような勉強法となってきます。
英語では、まずは王道の文章、ある程度高レベルな文章、問題で演習するのが基本ですが、東大、京大、一橋大学を受験する場合、英語で、「受験勉強」としてやっているのでは触れることがないような単語・文章が入試で出ることがあり、それらも見たことがある、読んだことがある、となるような勉強法で勉強するのが東大、京大、一橋大学の入試において英語できちんと点を取るコツにもなってきます。


スポンサーサイト

コメント

クイズの答え

英語で、「お世辞」は
flatter
(東大で、出題あり)

コメントの投稿